中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 熟語を使った文章265 | 最新へ | 矛盾の原因と予防1 >>

社会志向・個人志向を作文

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 次のグラフは、二十歳以上の国民を対象に、「国や社会のことにもっと目を向けるべきだ」という意見(社会志向)と、「個人生活の充実をもっと重視すべきだ」という意見(個人志向)のどちらの意見に近いかを聞いた結果の推移を表しています。
 このグラフを見て、気づいたことと、気づいたことを踏まえて「社会志向」「個人志向」「一概に(どちらとも)いえない」のどの立場であるかを明確にして、あなたの考えをあとの条件にしたがって書いてください。
   社会志向か個人志向か
条件
1. 二段構成とし、前段ではグラフを見て気づいたことを書き、後段では前段を踏まえて「社会志向」「個人志向」「一概にいえない」のどの立場であるかを明確にして、あなたの考えを書く。
2. 全体を150字以上、200字以内でまとめる。
3. 氏名は書かないで、本文から書き始める。
4. 原稿用紙の使い方に従って、文字や仮名遣いなどを正しく書き、漢字を適切に使う。書く。
(福島県高 入試問題より)


グラフから気づいたことは?
社会志向は減少し、個人志向は増加し、この傾向は平成29年頃に逆転しそうである。
社会志向と個人志向の割合の和は、年度によらず9割である。
一概にいえないは、年度によらず1割である。
四項対立によって、グラフの傾向を説明できそうである。

四項対立で、グラフの傾向を説明すると?
,鉢△枠紳个隆愀犬砲△蝓↓ 椨△錬抗笋任△襦
とい肋反対の関係にある。
社会志向の人もいれば個人志向の人もいるので、「一概にいえない」は+い1割である。

 四項対立で説明する

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝










  崋匆饂峺」は減少し、◆峺朕融峺」
は増加し、2年後に逆転しそうである。両者
の割合の和は年度によらず9割と多い。「一
概にいえない」は1割で横ばいである。
 私は「一概にいえない」という立場である。
´△ら、2真佑は社会志向である、げ
人かは個人志向である、が導き出せる。つま
り、,凌佑發い譴亅△凌佑發い襪里如↓
合わせて一概にいえないという慎重な回答に
なると考える。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ