中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 熟語を使った文章269 | 最新へ | 漢字の読み書き254 >>

つながりや出会いを作文

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 次の文章をふまえて、人と人のつながりや出会いについてあなたの考えを、あとの条件にしたがって書いてください。
 早起き通勤を始めると、ぼくの生活の中に「ちょっとうれしい」出会いが増えるようになりました。 (中略)
 まずは、守衛さん。
 始業時間ギリギリに行くと、守衛さんと言葉を交わすなんてまずあり得ません。でも、そこはまだ人の少ない時間帯。自然に、あいさつを交わすようになります。
 すると、ぼくの気持ちに変化が起こり始めました。
 いままで「守衛さん」と呼んでいたその人を、ぼくは守衛さんではなく、「ぼくの知り合いの山田やまださん」と思うようになったのです。会社の「守衛」{社員」という立場を超えて、ぼくは一個人として、山田さんを見るようになりました。山田さんも、ぼくのことを、「一社員」から「松山まつやまさん」と思ってくれるようになりました。
 だからって、大きく何かが変わるわけではないのですが、でも着実に「ちょっとうれしい」ことなのです。
 守衛 … 役所や会社などで、人の出入りを監視し、建物を警備する人。
(松山真之助 「30分の朝読書で人生は変わる」より)
条件
 筆者がどんなことを「出会い」と捉えているのかを簡潔にまとめたうえで、自分の体験や意見をまじえて書く。
 原稿用紙には、題名や氏名は書かないで、本文だけを書く。
 書き出しは1マス空け、段落は変えない。
 文章は、7行以上9行以内(原稿用紙20字詰×9行)で書く。
(熊本県高 入試問題より)

筆者が捉えている出会とは?
(職務上の)立場を超え、一個人として人を見るようになること。

職名ではなく個人名で呼ばれることの違いは?
職名
 仕事の役割分担名であり、担当者は変更可能。
 守衛・社員は仕事上の関係を表す公的な名前。
個人名
 個人の人格や独自性を表す。
 個人名によって他人と区別でき、その人の個性やイメージを代表する。
  イメージ例: 明るい、誠実な、親切な、長身、…

似たような体験はある?
福島・山形・新潟県にまたがる飯豊連峰を縦走し始めて間もなく、高齢の男性に「ご一緒してもいいですか」と声をかけられた。足手まといになるかもしれないので、はっきり返事はしなかった。ところが、どんどん登っていく。ついて行くのが大変だ。名前は佐藤さんで、新潟県の新発田市に住んでいるという。72歳で、50歳から登山を始めたそうだ。その後、佐藤さんとは年齢差を超えて、新潟の山を一緒に登っている。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝









 立場を超え、一個人として人を見るように
なることを、筆者は出会いと捉えている。

名は仕事上の立場を表すが、個人名は、他人
と区別し個性やイメージを代表する。こんな
出会いがあった。登山中に、佐藤さんという
七二歳のスーパーおじいさんと知り合った。
「くたびれますよ」と言いながら、どんどん
先を行く。その後、健脚の佐藤さんとは、年
齢差を超えて、一緒に登山を楽しんでいる。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ