中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「情けは人の…」を作文 | 最新へ | 熟語を使った文章272 >>

漢字の読み書き257

 漢字は読みがなを書き、カタカナは漢字を書いてください。
春が近づき、桜の花がびる。
視界をるものがない大海原だ。
二人の選手の走るフォームが酷似している。
雪解けしたばかりなので、山歩きをするには時期尚早だろう。
小説を書く前にしっかり構想をる。
同様の事例はマイキョにいとまがない。
砂漠では一日のカンダンの差が大きい。
健康のためボウインボウショクを控える。
(都立 隅田川高)

答 え









答 え
ほころ(びる)
さえぎ(る)
こくじ
しょうそう (尚早: まだ早いこと)
練(る) (さらによくする)
枚挙 (枚挙にいとまがない: 数えきれない)
寒暖
暴飲暴食


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ