中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 漢字の読み書き265 | 最新へ | 熟語を使った文章280 >>

地域との関わりを作文

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 次のグラフA〜Cは、全国の中学校三年生を対象に、平成27年に行った調査の中の、地域や社会についての質問に対する、山形県と全国の回答結果を表したものです。
 グラフA〜Cのうち、二つを選び、それらをもとに「私と地域との関わり」について、まとまりのある二段構成の文章を書いてください。第一段落には、二つのグラフを見て気づいたことを書いてください。それをふまえ、第二段落には、あなたの考えを、自身の体験や見聞きしたことを含めて書いてください。
 ただし、選んだ記号を書き、あとの条件に従ってください。

 グラフ地域との関わり

条件
 題名は書かない。
 二段構成にする。
 200字以上、240字以内で書く。
 文字は、正しく、整えて書く。
 グラフの数値を使う場合は、次の例にならって書く。
 例 四三%(全角3字) 50%(全角3字)
(山形県高)

グラフを見て気がついたことは?
 地域の行事に参加している
 全国より15%多い
 地域や社会の問題・出来事に関心がある
 全国より8%多い
 地域や社会のために何をすべきか考えることがある
 全国より3%多い

どの2つを選ぶか?
CとA
地域や社会のために何をすべきか考えることがある人は36%で、全国と比べ3%多いだけで大差はない。
しかし、63%が地域の行事に参加している。

Cが3割と低く、Aが6割と高い理由をどのように考えるか?
C:
地域・社会に役立つことを考える人の割合は高いほどよい。
しかし、中心となる人たちがいれば、全員が考えなくてよい。
A:
山形は、花笠まつりや芋煮会で知られる。
これらの行事は、踊ったり、食べたり、話したりする行事である。
一方、全国的に行われている地域清掃や防災訓練などの行事は重要だが、娯楽性に乏しい。
山形県は、楽しい行事が盛んなので、行事に参加する割合が高いと考える。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝












 グラフCから、地域や社会のために何をす
べきか考えることがある人は36%で、全国
と大差がない。グラフAから、63%の人が
地域の行事に参加し、全国より15%多い。
 地域社会に役立つことを考える人の割合は
高いほどよいが、先導者がいれば全員が考え
なくてよい。山形は、花笠まつりや芋煮会で
知られる。これらは、踊ったり食べたり話し
たりする行事である。一方、全国的に行われ
る地域清掃や防災訓練などの行事は、重要だ
が娯楽性に乏しい。山形県は楽しい行事が盛
んなので、行事への参加者が多いと考える。 


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ