中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古文の言葉236 | 最新へ | 漢字の読み書き269 >>

ことわざを使った文章283

ことわざ・慣用句 >

 下線部に当てはまることわざ・慣用句は語群のどれですか。
1.  フランス国王ルイ14世は嘆いた。「役職をひとつ設けるたび、私は100人の不満分子と1人の恩知らずを作る」。絶対君主も人事には______らしい。
2.  20歳。女優の仕事は______だったので、ジャズ喫茶「コンボ」で過ごす時間は新しい刺激に満ちていて、充実感がありました。
3.  (首相にとって)______政治家を一つの枠の中に収めることは容易ではない。
4.  池田勇人首相は、7月18日に内閣改造を断行した。日取りに関しては、「末広がり」だとして漢字の「八」を意識したらしい。 (略) 「足場なしに建物は建たない」。池田首相秘書官だった伊藤昌哉氏は、過程の大切さを説いた。______のもよいが、入念な足場づくりが大切だ。

語群
 鳴かず飛ばず
 験(げん)を担ぐ
 手を焼いた
 一筋縄ではいかない

答 え










答 え
1. 手を焼いた (手を焼く: もてあます)
2. 鳴かず飛ばず (何の活躍もしないでいる様子)
3. 一筋縄ではいかない (通常のやり方ではうまくいかない)
4. 験を担ぐ (良い前兆や悪い前兆を気にすること)


参考文献
〔1〕読売新聞 2017年7月29日朝刊 「編集手帳」
〔2〕同紙 5月6日朝刊 「音楽は愛 湯河 れい子」
〔3〕〔4〕同紙 7月17日朝刊 「編集手帳」
(表記の一部を変更しています)

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ