中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 古文の言葉243 | 最新へ | 年代別の情報源を作文 >>

ことわざを使った文章290

 ことわざ・慣用句 >

 下線部に当てはまることわざ・慣用句は語群のどれですか。
1.  家族の「ベストアルバム」を作り始めた。 (略) 初めはアルバムから外した写真を捨てるのが忍びなかったが、______取り組んでいる。
2.  小学校教員の現役時代は______ほど多忙で、「手伝ってくれる人がいると助かる」と思っていたものだ。
3.  上場維持の是非を巡る東京証券取引所の審査は______。不適切会計の発覚後、東芝の企業体質が改善したかどうかがカギを握る。
4.  民進党は離党ドミノで混乱している。小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員らによる新党結成の動きも______ばかりだ。

語群
 息つく暇もない
 緒に就いた
 予断を許さない
 心を鬼にして

答 え










答 え
1. 心を鬼にして (心を鬼にする: 情を捨てて行うさま)
2. 息つく暇もない (息ができないほど忙しい)
3. 予断を許さない (どうなるかわからない)
4. 緒に就いた (緒に就く: 着手する。緒は初めの意味)

参考文献
〔1〕読売新聞 2017年10月31日朝刊
  ぷらざ 「家族のベストアルバム作り」
〔2〕同誌 8月10日朝刊
  気流 「教員アシスタント 広がって」
〔3〕同誌 9月2日朝刊 社説 「東芝再建策」
〔4〕同誌 9月19日朝刊 社説 「衆院解散意向」
(表記の一部を変更しています)

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ