中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古文の言葉244 | 最新へ | 利用するメディアを作文 >>

ことわざを使った文章291

 ことわざ・慣用句 >

 下線部に当てはまることわざ・慣用句は語群のどれですか。
1.  ______ということわざがある。 (略) 「自明の理をそれと認めずに、自説をまげないで強情を張る」ことに使われる。
2.  テレビで大食い競争が放映されているのを見ると、怒りのあまり憤死しそうになる。食料のかなりの部分を輸入に頼っているという自覚を持たないと、いつしか______を食うだろう。
3.  首相が年初来、訴えてきた高等教育を含む教育無償化の議論は______が続く。
4.  民進党の代表は、国会内にある維新の控室を訪れた。笑いがはじけ、______としたやり取りが続くうち、代表は______に切り出した。

語群
 足踏み
 和気あいあい
 這っても黒豆
 問わず語り
 しっぺ返し

答 え










答 え
1. 這っても黒豆 (床の黒い点を見て黒豆と言った人が、それが動き出しても虫とは言わず、黒豆と主張し続けたことによる)
2. しっぺ返し (〜を食う: 報いを受ける)
3. 足踏み (進展せず、同じ状態が続く こと)
4. 和気あいあい (なごやかな気分が満ちている 様子)
   問わず語り (聞かれていないのに自分か話すこと)

参考文献
〔1〕読売新聞 2017年11月16日朝刊 「編集手帳」
〔2〕同紙 10月16日朝刊 気流 「食の大切さ 忘れてませんか」
〔3〕〔4〕同紙 9月13日朝刊 「政策点検」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ