中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 古文の言葉245 | 最新へ | 読書の意識調査から作文 >>

ことわざを使った文章292

 ことわざ・慣用句 >

 下線部に当てはまることわざ・慣用句は語群のどれですか。
1.  会社の上司や取引先との会食の際、皆さんが鍋料理を直箸で食べます。強い抵抗を感じ、困っています。 (略) ______に、うまく切り抜けるにはどうすればよいでしょうか。
2.  衆院選が始まった。 (略) 候補者も右往左往して、「______ 」とばかりに、自己保身に走っている点が気にかかる。っ自分の信念、主義主張を貫き、国民のために働いてくれる政党、人を選ぶのには難しい選挙ともいえる。
3.  ご主人は、外ではともかく、家の中では反撃がないと______います。働いて稼いでいるのはオレだけだ、という勝手な思いもあるにちがいありません。 (略) 
 ご主人が家事を手伝うことを、家事ボイコット撤回の条件とします。それでも______ら? お子さんに説明した上でいったん家を出ます。今度ばかりはひょっとするとヤバイと、少しはしおらしくなるでしょう。

語群
 高(たか)を括(くく)って
 角を立てず
 埒(らち)があかなかった
 長い物には巻かれろ

答 え










答 え
1. 角を立てず (角を立てる: 事を荒立てる)
2. 長い物には巻かれろ (力のある者には従ったほうがよい)
3. 埒(らち)があかなかった (埒が明かない: 事態が進展 しない)
4. 高を括って (高を括る: たいしたことはないと見くびる)


参考文献
〔1〕読売新聞 2017年10月20日朝刊 「人生案内」
〔2〕同紙 10月12日朝刊 気流 「衆院選 賢明な判断を」
〔3〕同紙 10月19日朝刊 「人生案内」
(表記の一部を変更しています)

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ