中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ことわざを使った文章292 | 最新へ | 熟語を使った文章292 >>

読書の意識調査から作文

 小論文 目次 >

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 グラフA・Bは、「高校生の読書に関する意識等調査」の結果の一部です。これを見て、読書についてのあなたの考えを書いてください。なお、後の条件に従ってください。

  読書の意識調査

条件
1.  2段構成にする。
2.  第1段落には、2つのグラフから読み取ったことについて書く。
3.  第2段落には、第1段落に書いたことを踏まえて、読書についてのあなたの考えを書く。
4.  240字以上、300字以内で書く。
(栃木県高)


グラフから読み取れることは何か?
A: 読書が好きな高校生は、63.8%
   好きでない人は、35.1%
B: 1か月間に読んだ本は、0冊が51.4% (最頻値=0冊)
   1冊以上が48.6%
   100人中、50番目と51番目の平均から、中央値=0冊
   平均値=(冊数×%)の合計÷100=1.08冊

・全体で見ると、高校生は本を読まないわけではない。1か月間に読んだ本の冊数は、1人当たり平均で1.1冊となっている。

・しかし内訳を見ると、読書が好きな人は63.8%いるが、1冊も読まなかった人は51.4%となっている。この差は12.4%である。

「読書が好きだからといって、毎月本を読むとは限らない」理由は?
・中学の時は本が好きでも、高校になると勉強の範囲が広がり、時間の余裕が少なくなる。
・受験勉強など、読書より優先することがあれば、そのほうに時間をかける。
・本よりも、会話・検索・ゲームが手軽にできるスマートフォンに関心が移ってきている。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝















 全体で見ると、高校生は本を読まないわけ
ではない。最近1か月間に読んだ本の冊数を
計算すると、1人当たり平均で1.08冊である。
しかし内訳を見ると、読書が好きな人は63.8
%いるが、1冊も読まなかった人は51.4%と
なっている。この差は12.4%である。
 「読書が好きだからといって、1か月間に
本を読むとは限らない」。この理由を述べる。
|羈悗了は本が好きでも、高校になると勉
強の範囲が広がり、時間の余裕が少なくなる。
⊆験勉強など、読書より優先することがあ
れば、そのほうに時間をかける。F表颪茲
も、会話・検索・ゲームが手軽にできるスマ
ートフォンの使用に関心が移ってきている、
と私は考える。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ