中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古文の言葉246 | 最新へ | 漢字の読み書き280 >>

ことわざを使った文章293

 ことわざ・慣用句 >

 体と関係がある漢字を含みます。下線部に当てはまることわざ・慣用句は語群のどれですか。
1.  クリスマスの電飾が映え、心なしか街が浮き立つ。 (略) さて聖夜に何を贈ろうか。______品を、心を込めてと、商戦の中を歩くのも楽しい。
2. (相談)
 今、離婚をし、母の介護を続けながら働くのは不可能に近い状態です。______思いをしながら暮らしています。
(案内)
 離婚が不可能に近い状態ならば、______現状を見つめ直し、将来の生活設計を立てたらいかがですか。まだ人生は道半ばです。
3.  河野氏は、核燃料サイクル見直しやODA半減が持論だ。______に外..省を批判したこともあったが、今は独自色を封印している。

語群
 腰を据えて
 歯に衣(きぬ)着せず
 肩身の狭い
 身の丈に合った

答 え










答 え
1. 身の丈に合った (分相応な)
2. 腰を据えて (腰を据える: 落ち着いて取り組む)
   肩身の狭い (肩身が狭い: 世間に対して引け目を感じる)
3. 歯に衣(きぬ)着せず (遠慮せずに言うこと)


参考文献
〔1〕読売新聞 2017年12月21日夕刊 「よみうり寸評」
〔2〕同紙 12月21日朝刊 「人生案内」
〔3〕同紙 8月9日朝刊 社説 「原則踏まえて改善を」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ