中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 漢字の読み書き282 | 最新へ | 挑戦したいことを作文 >>

熟語を使った文章293

 三字・四字熟語 目次 >

 下線部に当てはまる四字熟語は語群のどれですか。
1.  瀬戸内寂聴さんに寄り添う、美しい女性。95歳にして現役作家で僧侶でもある「超人」の秘書が、初のエッセー集を出した。 (略) 3年目、ベテランスタッフたちが退職したため、秘書の仕事を引き継いだ。掃除に選択、食事の準備、そして仕事のマネジメント。______の日々が距離を縮めた。
2.  大阪大は、一般入試の物理で出題と採点にミスがあり、本来なら合格していた30人を不合格にしていたと発表した。 (略) 西尾章治郎学長は「受験生のことを最優先に考え、一人一人の事情を考慮して______対応していく」とコメントした。
3.  カーボンプライシングは、COの排出で炭素税が上乗せされれば、経営の重荷となることが______に分かる仕組みだ。
4.  公的年金の財源のうち、積立金でまかなう部分は、長期的に見ても全体の1割程度に過ぎない。補助的な位置づけなので、短期的な運用結果に______しても仕方がない。

語群
 一目瞭然
 一喜一憂
 二人三脚
 誠心誠意

答 え











答 え
1. 二人三脚 (二人が協力して何か を行うこと)
2. 誠心誠意 (まごころ をもって行う こと)
3. 一目瞭然 (一目見ただけで明らかに 分かること)
4. 一喜一憂 (状況によって、喜んだり心配したりすること)


参考文献
〔1〕〔2〕読売新聞 2018年1月7日朝刊
 「よみうり堂 本」 「阪大入試ミス30人追加合格」
〔3〕同紙 2018年11月20日朝刊
 「炭素税が排出減を促す」
〔4〕同紙 2017年12月3日朝刊
 「年金積立金 株高追い風」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ