中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古文の言葉248 | 最新へ | 漢字の読み書き283 >>

ことわざを使った文章295

 ことわざ・慣用句 >

 下線部に当てはまることわざ・慣用句は語群のどれですか。
1.  勉強が好きになるかどうかは幼児期に決まるものだから、義務教育期とそれ以前の家庭教育が決定的に重要である。 (略) 国家予算は義務教育とその前の幼児教育に傾注し、学業意欲の平等な育成を図るべきだと、中室氏は声を大にする。
 アメリカでの研究を基礎にした主張だが、常識で考えてもこれは______説だと思われる。
2.  昨年、私は75歳を迎え、後期高齢者になった。血圧の心配もなく、友人とのコーヒータイムには、おしゃべりに______。
3. (相談)
 義母に罵倒されたことを夫に伝えると、夫が義母に絶縁宣言をしてしまいました。 (略) 夫とは関係なく、私が義父母と交流を持ったほうがいいでしょうか。
(助言)
 あなたが______を抑えて、さりげなく交流をすればいいのではないですか。 (略) それにしても、義母の振る舞いは少々、______います。

語群
 花が咲く
 常軌を逸して
 正鵠(せいこく)を射た
 腹の虫

答 え












答 え
1. 正鵠を射た (正鵠を射る: 要点をおさえる。正鵠は的の中心)
2. 花が咲く (次から次へと話が広がる)
3. 腹の虫 (感情、怒り)
   常軌を逸して (常軌を逸する: 常識はずれの言動をする)


参考文献
〔1〕読売新聞 2017年12月3日朝刊
  地球を読む 「学ぶ意欲・能力」
〔2〕〔3〕同紙 2018年1月22日朝刊
  ぷらざ 「ボウリング 元気の源」
  「人生案内」
(表記の一部を変更しています)

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ