中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 古文の言葉250 | 最新へ | 漢字の読み書き285 >>

ことわざを使った文章297

 ことわざ・慣用句 >

 下線部に当てはまることわざ・慣用句は語群のどれですか。
1.  中学の頃、彼に______をしましたが、話しかけることもできませんでした。
2.  僕は米国の大学で博士論文をまとめていた。______に行った書店で山積みされていたのが『ホーキング、宇宙を語る』の原書であった。
3.  疑惑を追及するなら、根拠となる材料が必要である。それが示されなくては、論戦が______になるのも無理はない。
4.  金融引き締めを強めるのか、慎重になるのか。米当局の______は、世界経済の行方をも左右しよう。

語群
 息抜き
 かじ取り
 一目ぼれ
 堂々巡り

答 え












答 え
1. 一目ぼれ (一度見ただけで、好きになること)
2. 息抜き (気分転換)
3. 堂々巡り (同じことが何度も繰り返され、進まないこと)
4. かじ取り (舵取り: うまくいくように進行を導くこと)


参考文献
〔1〕〔2〕読売新聞 2018年1月28日朝刊
 「人生案内」 「平成時代 名著50」
〔3〕同紙 2017年11月16日朝刊 社説 「加計文科委審議」
〔4〕同紙 2017年12月16日朝刊 社説 「FRB利上げ」
(表記の一部を変更しています)

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ