中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 入試の四字熟語2 | 最新へ | 古文の言葉253 >>

方言に賛成・反対を作文

 小論文 目次 >

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 全国の高校生が集まる大会が長崎県で開催されることになりました。その「開会式」について、実行委員の生徒たちが話し合ったところ、「長崎県の代表生徒が行う『歓迎のあいさつ』の一部に長崎県の方言を用いてはどうかという意見が出ました。
 あなたはこの意見に賛成か反対ですか。どちらの立場で答えても構いません。次の条件に従って、あなたの意見を100字以内で書いてください。
条件
 あいさつするのが、どのような場面なのかをふまえて述べる。
 資料1または資料2の内容を用いて理由を述べる。両方の資料を用いてもよい。
 段落を分けない。また、書き出しを1字下げない。  
 句読点、かこなどは、それぞれ1字分あてる。
資料1
 戸惑うおいっ子
 千葉から長崎の家に遊びに来たおいっ子。祖父から「太うなったね」と言われて「おじいちゃんは僕のこと『太ったね』って笑いながら言った」と勘違いしていました。長崎では「太うなる」は「大きくなる」という意味で使われます。おばの私が説明すると、おいっ子は納得していました。こんなふうに方言で戸惑うことも旅のおもしろさ。今度彼が長崎に来るときには何にびっくりするのかな?

資料2
 テレビの全国放送において、方言でインタビューに答えることに対するイメージのアンケート
方言に賛成・反対を作文
(長崎県高)

集まった全国の高校生に、歓迎のあいさつでどのようなことを話すか?
参加へのお礼
開会宣言
 日程
 目的
大会成功に向けて協力のお願い
  :
歓迎のあいさつを方言ですることの良い点・悪い点は?
良い点 悪い点
印象 自然でよい(資料2)
素朴なイメージ
意味不明の方言多用は
配慮に欠けた印象
伝達 織り交ぜる場合は方言
を補足説明
不明や誤解 (資料1)の
可能性あり

歓迎のあいさつの一部を方言ですることに、賛成か反対か?
 一部に方言を用いることに賛成する。

その理由は?
 方言は、資料2のように「自然でよい」というイメージが7割近い。
 ただし、資料1のように誤解を招くだけでなく、伝えたいことがはっきりと伝わらない可能性がある。
 方言の意味を補足しながら話せばよいと考える。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝





一部を方言で話すことに賛成する。資料2の
ように「自然でよい」というイメージが7割
近いからである。ただし、資料1のように誤
解を招いたり、意味不明だったりするので、
方言の意味を補足して話せばよいと考える。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ