中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ことわざ・慣用句 事例 (301〜330) | 最新へ |

ことわざを使った文章301

ことわざ・慣用句 >

 下線部に当てはまることわざ・慣用句は語群のどれですか。
1.  俳句は場面をどう切り取るかが______だ。
2.  教室には長机に長椅子が隙間なく並べられ、50人もの生徒が______になって授業を受けていた。
3.  「働き方改革」は、裁量労働制に関する厚労省のデーターミスで______を余儀なくされた。
4.  相撲ファンは、「暴,力事,件のせいで、相撲の印象が悪くなり、若いお相撲さんたちが______をしているのではないか」と心配する。

語群
 ぎゅうぎゅう詰め
 肩身の狭い思い
 腕の見せどころ
 立ち往生

答 え












答 え
1. 腕の見せどころ (技量を見てほしい得意の場面)
2. ぎゅうぎゅう詰め (隙間がないほど詰め込むようす))
3. 立ち往生 (行き詰って進まないこと)
4. 肩身の狭い思い (世間に対して引け目を感じること)

参考文献
〔1〕読売新聞 2018年3月20日朝刊 「季語の特徴を詠む」
〔2〕同紙 2018年4月8日朝刊 気流 「窮屈なんの 楽しい学びや」
〔3〕同紙 2018年3月18日朝刊 「政権への信頼失われた」
{4〕同紙 2017年12月21日朝刊  「相撲界 変る努力を」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ