中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ことわざを使った文章302 | 最新へ | 古文の言葉256 >>

熟語を使った文章298

三字・四字熟語 目次 >

 下線部に当てはまる四字熟語は語群のどれですか。
1.  大学卒業後の5年間、「東京吉兆」で修業させてもらいました。1年間創業者の秘書を務め、よく叱られましたが、今も心に残る教えがある。「日本料理は______と深い関係があるから、四季の移ろいに敏感にならんとあかん」。 (略) 自分の料理を身につけなさいという言葉でした。
2.  昔の日本のお父さんは、気に入らないといきなり食卓をひっくり返すようなイメージがありました。だからこそ、子どもたちは早く家を出て自由に生きたいと願い、______に自立を目指したのだと思います。
3.  安易な政党の______は、国民の不信を高めよう。各党は、自らの立場をきちんと固めたうえで、国会審議に臨むべきだ。
4.  国会では、与野党の対決ムードが強まるたびに憲法論議が停滞する歴史が繰り返されてきた。だが、「国のかたち」を定める憲法は、______を越えて理性的に論じることが書かせない。

語群
 党利党略
 花鳥風月
 離合集散
 一生懸命

答 え











答 え
1. 花鳥風月 (自然の美しい景色)
2. 一生懸命 (命をかけるように全力をあげること)
3. 離合集散 (集まったり解散したりすること)
4. 党利党略 (党を利するためのはかりごと)


参考文献
〔1〕読売新聞 2018年2月22日朝刊 「食の美 花開く時」
〔2〕同紙 2018年3月20日朝刊 「人生案内」
〔3〕同紙 2017年11月2日朝刊 社説 「少子化対策の実効性が肝心だ」
〔4〕同紙 2018年3月29日朝刊 「憲法考」
(表記の一部を変更しています)

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ