中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ポスターの改善を作文 | 最新へ | 古文の言葉258 >>

熟語を使った文章300

三字・四字熟語 目次 >

 下線部に当てはまる四字熟語は語群のどれですか。
1.  福島県立農業高校校長の菅野源一さんは、北海道産の「インカの星」というジャガイモを改良することにした。気候の違いから栽培は難しく、何年もの______の末に独自の「イータベイク」を作り上げた。
2.  ドライバーの高齢化に対応するためにも、センターラインの色や表示方法をもっと目立つようにできないか。東京五輪・パラリンピックを契機に、______を問わずわかりやすい交通案内表示を検討してほしい。
3.  欧州合同原子核研究機関が昨年見つかった新粒子を、ほぼヒッグス粒子だと結論づけた。実験に参加した日本人研究者らが今月、「まだ解析不足」と発表したばかりだったが、______で事実上の「確定」発表となった。
4.  新たな執行部の在任中には、デフレ脱却が視野に入ってくる。副作用も出ている異次元緩和をどう軟着陸に導くか。より______な金融政策の運営姿勢が求められる。

語群
 老若男女
 臨機応変
 試行錯誤
 急転直下

答 え











答 え
1. 試行錯誤 (試みと失敗の中から解決方法を見出していくこと)
2. 老若男女 (ろうにゃくなんにょ: 老人・若者・男・女すべての人)
3. 急転直下 (事態が急転して終結に向かうこと) ..
4. 臨機応変 (状況に応じて適切に対応すること)


参考文献
〔1〕読売新聞 2011年6月1日朝刊 「今、ここは」
〔2〕同紙 2018年3月5日朝刊 気流 「センターライン目立たせて」
〔3〕同紙 2013年3月16日朝刊 「ヒッグズ粒子 ほぼ確定」
〔4〕同紙 2018年3月6日朝刊 社説 「日銀新体制」
(表記の一部を変更しています)

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ