中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 漢字の読み書き297 | 最新へ | 入試の四字熟語11 >>

ことわざを使った文章305

ことわざ・慣用句 >

 下線部に当てはまることわざ・慣用句は語群のどれですか。
1.  小学校3年生の時に担任だった先生と、帰り際に握手をした。両手で先生の右手を握ると、「あなたの手あったかいわ」と笑って、両手で私の手を包み込むように握り直してくださった。その手の温かいこと。
 ああ、私はこの手に守られていたのだなと______、ギュッと手に力を込めた。
2.  単位を落とし留年して就職を______ことは、よくあります。そして、あなたがおっしゃる通り、多くの場合は大学の講義を______ことが原因です。
3.  政府は20年までに「風疹の排除」を達成する目標を掲げる。東京五輪まで流行が続けば、せっかくの祭典に______。 

語群
 甘く見ていた
 水を差しかねない
 胸が熱くなり
 棒に振る

答 え












答 え
1. 胸が熱くなり (胸が熱くなる: 感動がこみ上げてくる)
2. 棒に振る (これまでの苦労や努力を無駄にする)
   甘く見ていた (甘く見る: たいしたことがないと軽く見る)
3. 水を差しかねない (水を差す: 進行を妨げる)


参考文献
〔1〕〔2〕読売新聞 2018年9月20日朝刊 「ぷらざ」 「人生案内」
{3〕同紙 25日朝刊 社説 「風疹流行拡大」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ