中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 入試の四字熟語14 | 最新へ | 漢字の読み書き301 >>

標語を評価する作文

小論文 目次 >

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 毎年、文化の日を中心にした二週間を読書週間として、読書が推進されています。次の枠内は、ある年の読書週間の標語です。この標語に見られる表現の工夫について、あなたの考えを、後の条件に従って書いてください。
 めくる めぐる 本の世界@
条件
 2段構成で書く。第1段落では、この標語に見られる表現の工夫を書き、第2段落では、それを踏まて、あなたの考えを書く。
 原稿用紙の使い方に従って、100字以上150字以内で書く。
(奈良県高)


標語の意味は?
ページをめくり、回ろう、本の世界を。

標語の工夫は?
ひらがなと漢字を組合せて、読みやすくしている。
「めくる」と「めぐる」の短い似た言葉を重ねて記憶しやすいようにしている。

標語を広告として評価すると?
広告要件 評価 理由
人目を引く 似た言葉で反復。
よく見える かな・漢字を併用。濁点は大きく書く。
すぐ分かる ページをめくり、回ろう、本の世界を。
記憶に残る 短い言葉で表現。
その気にさせる 読書週間にふさわしい。読書の魅力が弱い。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝








 標語は、 銑い旅夫が見られる。〇た
言葉を繰り返し、人目を引く。△劼蕕なと
漢字を併用し、読みやすい。「ページをめ
くり、回ろう、本の世界を」という意味がす
ぐ分かる。じ斥佞短く、記憶しやすい。
 読書週間にふさわしい標語だが、「本の新
世界」とすると、読書への興味・関心がより
高まると考える。

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ