中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 漢字の読み書き306 | 最新へ | 入試の四字熟語18 >>

目標を表す言葉を作文

小論文 目次 >

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 あなたのクラスでは、「クラスの目標を表す言葉」につ いて考えることになり、その結果、次の 銑の3つの言 葉の中から、1つを選ぶことになりました。あなたなら、 どの言葉を「クラスの目標を表す言葉」として選びますか。
 次の 銑から1つ選んで、あなたの意見を、その言葉をクラスの目標にしたいと考える理由がよくわかるように、 体験や具体例を示しながら、あとの〔条件〕に従って書いてください。
「切嵯琢磨」 白ら努力を続けたり仲間と励まし合っ たりして学徳を高めること。
「一期一会」 生涯にただ一度出会うこと。一生に一 度限りであること。
「無我夢中」 我を忘れるほど、ある物事に熱中する こと。
〔条件〕
1.  段落や構成に気をつけて250字程度で書く。
2.  原稿用紙の正しい使い方に従って書くこと。ただし、 部分的な書き直しや書き加えなどをするときは、必ず しも「ますめ」にとらわれなくてよい。
3.  題名や氏名は書かないで、本文から書き始める。 また、本文の中にも氏名や在学(出身) 校名は書かな い。
(香川県高)


クラスの目標がなぜ必要なのだろうか?
中学校の課題を少しでも解決するため。

どのような課題があるか?
 ・学力、学習意欲
 ・読解、思考、応用力
 ・問題解決力
 ・体力
 ・いじめ、思いやり
 ・スマホ依存
 ・不登校
 ・自然体験
 ・読書離れ
 ・発表力 …

それぞれの四字熟語の特徴は?
集団向き 個人向き 理由
切嵯琢磨 生徒たちと自分がいる
一期一会 刹那を大切に、は個人的
無我夢中 各自のベクトルが異なる
→ 切磋琢磨にする。

何を書くか?
生徒たちと問題を共有し、議論という切磋琢磨の過程を通じて、学校の問題を解決する。

問題の具体例は? ← 各自、考える。
来年の遠足先をどこにするか、提案してほしいと先生から依頼があった。
問題
 恒例の遠足登山は、多くの生徒が何度も登っている山で、つまらないという意見が多い。

どのように問題解決したか?
遠足先の案をクラスで示した。
 隣り町の湖沼まで砂浜づたいに歩く。
 目新しさがある。
議論
 砂の上は歩きにくい→ 砂が固い波打ち際を歩く
 靴がぬれる→ 替えの靴下を持つ
 初めてでだいじょうぶか→ 事前の疑似遠足で確かめる
 波が高いと危ない→ 安全な天候・潮位の日に行う
 水場がない→ 多めに水を持っていく
    :
結果
またとない自然体験ができた。
 アザラシが海岸に沿って泳いでいた。
 海辺の沼にトゲウオという魚がいた。
 磁石を持って来た生徒は、砂鉄を集めた。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝














 私は、クラスの目標を表す言葉として「切
磋琢磨」を選ぶ。なぜなら、皆と問題を共有
し、議論という切磋琢磨の過程を通じて、問
題を解決することが可能だからである。
 来年の遠足先について提案してほしいと先
生から言われた。恒例の登山は、よく行くの
で、つまらないという意見が多いとのことだ。
 私は、砂浜歩きの遠足を皆に諮った。新規
性、経路、安全面などを議論し、改善したこ
の案に決まった。当日、海岸に沿ってアザラ
シが泳いでいた。目的地の海辺の湖沼にはト
ゲウオという魚がいた。磁石を持って来た友
達は砂鉄を集めていた。協議した遠足で、ま
たとない自然体験ができた。

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ