中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 入試の四字熟語18 | 最新へ | 漢字の読み書き307 >>

ことわざを使った文章312

ことわざ・慣用句 >

 動物を含むことわざ・慣用句です。下線部に当てはまるのは語群のどれですか。
 不用なものと一緒に、肝心なものまで捨て去る。「______ 」も似たような表現だろう。少しの欠点を直そうとして、そのやり方が度を過ぎたため、逆に事物全体を駄目にすることを意味する。
(相談) 40代後半の女性。一人暮らしをしています。最近、何のために生きているのかわからなくなってきました。
(案内) 50歳前の若さ。仕事と社会活動に加えて女性としての幸せを願っても構わないと思います。 (略) 相手があることですから、うまくいくとは限りません。でも、______というのは人生50年だった昔の話です。
 60代女性。要介護3の80代の父母を1人で介護しています。 (略) 近くに弟がいますが、父と______であてにできません。
 政権を失い野党に転落すると、求心力が失われ、来客が激減した党本部では______。

語群
 閑古鳥が鳴く
 犬猿の仲
 二兎を追う者は一兎をも得ず
 角を矯(た)めて牛を殺す

答 え












答 え
1 角を矯(た)めて牛を殺す (少しの欠点を直そうとして、そのものを駄目にする)
2 二兎を追う者は一兎をも得ず (同時に二つのことをすると、どちらも成功しない)
3 犬猿の仲 (仲が悪いこと)
4  閑古鳥が鳴く (活気がなく、さびれている。 閑古鳥はカッコウ)


参考文献
〔1〕読売新聞 2007年12月5朝刊 「『効率』という名の文化破壊」
〔2〕同紙 2012年2月2日朝刊 「人生案内」
〔3〕同紙 2014年10月3日朝刊 「人生案内」
〔4〕同紙 2014年9月15日朝刊 「編集手帳」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ