中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 漢字の読み書き308 | 最新へ | 熟語を使った文章310 >>

見えていない問題を作文

<小論文 目次 >

 次の文章を読んで、後の問に答えてください。

 私が専門とする宇宙論において、 この20年ばか りの間研究者を悩ませ、おそらく今後10年以上も悩ませ続けるであろう難問として、「かんじんなことが目に見えていない、らしい」問題に当面している。宇宙は目に見えない黒子に支配されている気配なのだ。 (中略)
 望遠鏡で観測している星や銀河は宇宙を構成する物質の1割以下でしかなく、残りの9割以上は望遠鏡では見えない(光を発することができないので「暗黒」の)物質であるという可能性が生じてきたのだ。そのため、これを「暗黒物質(ダークマター)」問題と呼んでいる。輝く星は操られる役者にすぎず、その九倍以上の暗黒物質が黒子となって、宇宙という舞台での道行きを演出 じているらしいのだ。 (後略)
((池内 了 『天文学者の虫眼鏡』より)

問題
 あなたの生活の中で、「かんじんなことが目に見えていない、らしい」問題を一つ取りあげ、具体例を挙げながら300字以内で述べてください。その問題に対するあなたの考えも述べてください。
(大阪教育大附属高 池田)


この文章の要旨は?
宇宙を構成する物質のうち、見えている星や銀河は全体の1割で、9割は見えない暗黒物質である。
見えているものは「氷山の一角」に過ぎない。氷山も、見えてる部分が1割で、9割が海面下にある。

氷山の一角の問題の例は? ← 各自、考える。
・ペットショップで展示されている犬猫と展示されない犬猫
・冷え込む日に電線に止まる鳥の群れ
・芝生に生える茎の長いタンポポ
       :
どれを書くか?
題材\評価 実体験 問題 新規性 有用性
ペットの犬猫 × なし 〇 問題あり × なし 〇 あり
電線の鳥の群れ 〇 あり × 問題なし △ 以前発表 △ 知的好奇心
茎の長いタンポポ 〇 あり 〇 問題あり 〇 あり 〇 芝生の保護
→ 茎の長いタンポポにする。

どのような内容にするか?
家の周りの芝生に黄色いタンポポが数多く咲いている。
普通のタンポポとは違い、爪楊枝のように細い茎は40cmほどある。
緑の芝生に黄色の花が映え、風にそよぐ様子に心がなごむ。
正しくは「ブタナ」といい、タンポポと同じキクの仲間である。
花や葉や根がタンポポと酷似する外来種だった。
庭の芝生にブタナが繁殖した。
葉が円形に芝生を覆い、芝生を枯らす。
抜こうとすると、ゴボウのように長い根は20cm近くある。
なかなか抜けない。途中で折れることのほうが多い。
抜いた葉の下は土が現れる。
黄色い花を長い根が支えるこの植物は、芝生に侵入し生息域を拡大している。
私の家の庭は氷山の一角である。
家の周りの芝生にも一面に咲いている。
学校や公園などの芝生も、ブタナから守る必要がある。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝















 家の周りの芝生に黄色いタンポポが数多く
咲いている。ふつうのタンポポとは違い、つ
ま楊枝のように細い茎は40cmほどある。
緑の芝生に黄色の花が映え、風にそよぐ様子
は心がなごむ。
 正しくは「ブタナ」といい、タンポポと同
じキクの仲間である。花や葉や根がタンポポ
と酷似する外来種だった。
 庭の芝生にこのブタナが繁殖した。葉が円
形状に芝生を覆う。抜こうとすると、ゴボウ
のように長い根は途中で折れることが多い。
抜いた葉の下は土が現れ、芝生が消えている。
 ブタナは生息域を拡大している。私の家の
庭は氷山の一角である。この植物から、学校
や公園の芝生を守る必要がある、と考える。

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ