中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 熟語を使った文章310 | 最新へ | 入試の四字熟語20 >>

古文の言葉268

古文 目次 >

 次の古文を読んで、後の問いに答えてください。

 太田左衛門大夫持資(もちすけ)は上杉宣正(のりまさ)の長臣なり。鷹狩に出て雨に遭(あ)ひ、ある小屋に入りて蓑(みの)借らんといふに、若き女の何とも物をば言はずして、山吹の花一枝折りて出しければ、「花を求むるに非(あら)ず」とて怒りて帰りしに、これを聞きし人の、それは、
  七重八重花は咲けども山吹のみの一だに無きぞ悲しき
 といふ古歌のこころなるべし、といふ。持資おどろきてそれより歌にをよせけり。
山吹: 写真
( 「常山紀談」 鳥取県高 入試文より)

 常山紀談(じょうざんきだん)は、 湯浅常山による江戸時代の逸話集です。

1.  銑い琉嫐は語群のどれですか。
借らん
だに
なるべし

語群
さえ
関心
借りたい
であるに違いない

2. 次の会話は、この文章を読んだ生徒と先生のやりと りです。この会話を読んで、あとの問いに答えてください。
生徒A この話の中に出てくる古歌が重要な役割を 果たしていると思うのですが、意味がよく分 かりません。
先生 そもそもこの古歌は、この話よりも以前に詠まれた古い和歌のことですよね。この和歌の「みの」という言葉には二つの意味が込められているんですよ。一つ目の意味は 「【 A 】の」という意味です。
生徒B 二つ目は「蓑」ですね。つまり、女は山吹の花を一枝差し出すことで【 B 】のです ね。
生徒A そうか。持資が歌に関心を寄せるようになっ たのは、【 C 】からなんですね。
(1) 【 A 】にあてはまる言葉を、漢字で書いてください。
(2) 【 B 】にあてはまる内容はどれですか。
持資が優しい人かどうかを試した
持資の役に立てないことをわびた
持資と親密になることを望んだ
持資に自分の身の上を自慢した
(3) 【 C 】にあてはまる内容はどれですか。
女が暗に示した古歌の意味を自分が取り違えてしまったのは、鷹狩に夢中だったせいだと反省した
女とのやりとりを聞いた人から強く怒られ、古歌 の知識がない自分を恥ずかしく思うようになった
和歌をロずさんだ教養のある女に恋心を抱き、和歌のやりとりを通して親しくなりたいと願った
女の行動が古歌を踏まえた風流なふるまいだったことを知り、和歌の道の奥深さに気づかされた

答 え











答 え
1.
 借りたい
 さえ
 であるに違いない
 関心

2.
(1) 実
(2) イ
(3) エ

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ