中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 入試の四字熟語22 | 最新へ | 熟語を使った文章313 >>

ことわざを使った文章316

ことわざ・慣用句 >

 鳥に関することわざ・慣用句です。下線部に当てはまるものは語群のどれですか。
 20歳。女優の仕事は______だったので、ジャズ喫茶「コンボ」で過ごす時間は新しい刺激に満ちていて、充実感がありました。
 私は酔っ払いが大嫌いだ。以前、ある祭りに行ったときに酔っ払いに絡まれたからだ。
 その人は何を言っているのか分からず、酒臭くて______でまともに歩けていなかった。どうしてそこまで酒を飲むのだろうか。酒だけで人は簡単に変わるんだと思った。
 (株価つり上げの)容疑者を知る証券会社幹部は、「健全な投資家とは真逆の立場にいた。思い通りに相場を動かし、______だった」と振り返る。
 郊外などで大型店が増え、買い物が便利になったと喜んだが、今ではその影響で、商店街の多くは______。

語群
 飛ぶ鳥を落とす勢い
 千鳥足
  閑古鳥が鳴いている
 鳴かず飛ばず

答 え












答 え
1  鳴かず飛ばず (何の活躍もしないでいる様子)
2  千鳥足 (酔っ払いがよろめいて歩くようす)
3  飛ぶ鳥を落とす勢い (勢いが盛んなようす。類:破竹の勢い)
4  閑古鳥が鳴いている (閑古鳥が鳴く: 活気がなく、さびれている。 閑古鳥はカッコウ)


参考文献
〔1〕読売新聞 2017年5月6日朝刊 「音楽は愛 湯河 れい子」
〔2〕同紙 2007年11月27日朝刊 気流 「公共の場での酒飲み過ぎに注,意」
〔3〕同紙 2015年 11月18日朝刊 「株価つり上げ容疑」
〔4〕同紙 2010年12月29日朝刊 気流「稲作は日本の文化 農業の再生考えて」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ