中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 入試の四字熟語25 | 最新へ | 漢字の読み書き315 >>

古文の言葉273

古文 目次 >

 次の古文を読んで、後の問いに答えてください。

 後冷泉院の御とき、近江国より白きからすをたてまつりたりける(献上した)を、深<隠して、人にも見せさせたまはざりけれは、女房達 ゆかしがり申しければ、をのを歌よみてたてまつれ、よくよみたらん人に見せんと仰せ事ありければ、少将の内侍といふ歌よみの女房とりあへず、
  たくひなくよに おもしろき鳥なれば ゆかしからずと
  たれかおもはん
 君かきりなく めでさせたまひて、すなはちかの鳥を取り出して、人々に見せさせたまひ、内侍にはかづけ物(褒美)たまはせける。
(『和歌威徳物語』 福井県高 入試文より)

 この和歌威徳物語(わかいとくものがたり)には、次のようなことが書かれています。
 後冷泉院天皇は献上された白いカラスを人に見せなかった。天皇は、よい歌を詠んだ人に見せようと言った。少将の内侍が次の歌を詠んだ。
  類まれな鳥なので、ゆかしからずと誰も思いません
 これを7聞いた天皇は、カラスを人々に見せ、内侍には褒美を取らせた。

(写真) 白いカラス

1.  銑い琉嫐は語群のどれですか。
ゆかし
おもしろき
めで
すなはち

語群
褒め
すぐに
珍しい
見たい

2. 掛詞に留意し、内侍が詠んだ歌の意味を書いてください。

答 え











答 え
1.
 見たい
 珍しい
 褒(ほ)め
 すぐに

2.
 類まれなおもしろい(珍しい尾も白い)鳥なので、ゆかしからず(見たいカラスを見たくない)と誰も思いません。

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ