中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古文の言葉274 | 最新へ | 入試の四字熟語26 >>

熟語を使った文章316

三字・四字熟語 目次 >

 「中」を含む四字熟語です。下線部に当てはまるものを語群から選んでください。
1.  フクロモモンガの子は特に寒さに弱く、夏でもクーラーが利き過ぎれば凍死の恐れがあるほど。また、______ひとりにしておくと淋しさのあまり衰弱することも……。着衣の胸ポケットで育てれば保温とスキンシップの一石二鳥だ。
2.  子どもが大好きで、すてきな保育士になりたくて、家族や周囲の人に支えられながら、______で仕事に取り組んできた。
3.  英国の大物ギタリスト、ジェフ・ベックは、6年ぶりの新作「ラウド・ヘイラー」を出し、健在ぶりを示した。 (略) 新作を出すまでに紆余曲折があった。2014年までにはアルバム1枚分の録音を終えたが、どこか単調で______に感じ、しっくりこなかった。
4.  額に三日月のマーク、サングラスをかけ、白マント、さっそうと白いバイクで登場しました。二丁拳銃で、撃てば______、悪者の弾は決して当たりません。正義の側が危なくなると、月光仮面が現れて必ず助けてくれました。

語群
 無我夢中
 百発百中
 四六時中
 中途半端

答 え











答 え
1. 四六時中 (一日中、いつも)
2. 無我夢中 (我を忘れるほど熱中すること)
3. 中途半端 (始めたことが完了しないでいること)
4. 百発百中 (銃弾や矢がすべて的に当たること)


参考文献
〔1〕読売新聞 2008年5月8日夕刊 「フクロモモンガのひみつ」
〔2〕同紙 2017年2月8日朝刊 気流 「保育士 誇り胸にまい進」
〔3〕同紙 2017年2月16日夕刊 「ジェフ・ベック来日公演、新作」
〔4〕同紙 2015年6月14日朝刊 気流 「月光仮面 思いやり学ぶ」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ
メルマガ切り替えのお願い