中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 入試の漢字と意味4 | 最新へ | 古文の言葉276 >>

熟語を使った文章320

三字・四字熟語 目次 >

 二つの「不」を含む四字熟語です。下線部に当てはまるものを語群から選んでください。
1.  伝説によれば、月の世界には霊水があり、飲んで若返るという。その霊水を調合した品かどうか、『竹取物語』のかぐや姫も月へ帰るとき、______の薬を帝に献上している。
2.  (藤岡 弘さんは)少年時代に父の書斎で読んだ本の中の「______ 」という言葉を思い出した。山の中の神社境内で、代々秘伝の藤岡流古武道を教えてくれた父の「逃げるな、負けるな、屈するな、あきらめるな」という声が脳裏に浮かんだ。
3.  政府は、労働者に事実上無制限の時間外労働を課すことが可能とされる労働基準法の「36協定」の運用を見直す検討に入ったという。______の残業や休日出勤は、労働者の生産性の低下につながると思う。
4.  NHK新会長に上田良一氏が就任した。(略)上田氏は「______の立場を貫く」という認識を示した。言葉通り、放送法の趣旨を踏まえ、真に公正な番組作りが求められる。

語群
 不要不急
 不偏不党
 不老不死
 不撓不屈(ふとうふくつ)

答 え











答 え
1. 不老不死 いつまでも老いることなく、死なないこと)
2. 不撓不屈(いかなる困難にあっても決して心がくじけないこと)
3. 不要不急(必要でないこと、急を要しないこと)
4. 不偏不党(党派や主義に偏らず、中立で公平な立場をとること)


参考文献
〔1〕読売新聞 2016年6月23日朝刊「編集手帳」
〔2〕同紙 2016年1月8日朝刊「真剣に燃える 本物の魂」
〔3〕同紙 2016年9月19日朝刊 気流「長時間労働 改革必要」
〔4〕同紙 2017年1月27日朝刊 社説「NHK新会長」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習 コメント メルマガ