中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 漢字の読み書き327 | 最新へ | 国語の調査結果から作文 >>

ことわざを使った文章328

ことわざ・慣用句 >

 「花」を含むことわざ・慣用句です。下線部に当てはまるものは語群のどれですか。
 うちは今、大トロが1個3000円です。数字だけ聞くと高いと思われるでしょうが、実はこの額では赤字なんです。庶民の食べ物だったはずのお鮨が、本物を出せば______になる。鮨屋のオヤジとしては複雑な気持ちですねえ。
「金剛山も食後の景色(ながめ)」――すばらしい景色でも腹ごしらえのほうが先ということわざ。日本の「______」に当たる。金剛山はことわざで朝.鮮半島の景勝を代表するほどの観光地だ。
 夏の甲子園の決勝で、金足農は大阪桐蔭に敗れ、惜しくも全国制覇を逃しましたが、公立の農業高校の躍進は第100回の記念大会に______。本当に見事な準優勝でした。
 ツイッターで趣味関連の知人とやりとりをしていた時、駅伝の順位の投稿から、数人の出身大学が同じだと分かり、______。

語群
 話に花が咲いた
 高根の花
 花を添えました
 花より団子

答 え












答 え
1 高根の花(または高嶺の花:見ているだけで手が届かないもの)
2 花より団子(風流なものより、実利があるものがよい)
3 花を添えました(花を添える:美しいものに、さらに美しさを加える)
4 話に花が咲いた(話しに花が咲く:つぎつぎと話がつきない)

(参考) 花の地口
 ことわざや熟語の語呂合わせを地口(じぐち)といいます。
  花を持たせる → 花子を待たせる


参考文献
〔1〕読売新聞 2008年5月17日朝刊「昨今のマグロに歯がゆさ」
〔2〕同紙 2008年7月14日夕刊「よみうり寸評」
〔3〕同紙 2018年8月25日朝刊 気流 「金足農 見事な準優勝」
〔4〕同紙 2018年2月6日朝刊 気流「箱根駅伝 人の縁もつなぐ」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習 コメント メルマガ