中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 入試の漢字と意味10 | 最新へ | 案内文を比較して作文 >>

ことわざを使った文章329

ことわざ・慣用句 >

 時に関することわざ・慣用句です。下線部に当てはまるものは語群のどれですか。
 
1.  100ドル札の肖像にもなっているフランクリン氏が残した「______」という言葉は、時がたてば金利などでお金が増える「時間価値」の基礎として、金融工学の講義などで今も引用される。
2.  (猛暑の影響で)佐賀県の有明海では養殖カキの多くが死滅した。______の不振に関係者からため息がもれている。
3.  私も年を取りましたから、(ボランティアで)がれきを取り除いたり、炊き出しをしたりといった力作業で役に立つことは難しくなるでしょう。それでも自分にできる形で活動を続けていきたい。多くの自然災害が起き、誰もが「______ 」なのです。
4.  ______は、先のことを案じても始まらないので、成り行きに任せて生きるのがよいということ。

語群
 明日は我が身
 時は金なり
 明日は明日の風が吹く
 書き入れ時

答 え












答 え
1.時は金なり(時間は貴重なので無駄に過ごしてはいけない)
2.書き入れ時(商売繁盛のとき。帳簿に「書き入れ」から)
3.明日は我が身(いつ自分のことになるかわからない)
4.明日は明日の風が吹く(とりこし苦労をしても始まらない)


参考文献
〔1〕読売新聞 2007年12月2日朝刊 「一筆経上 中にあるのは何ですか」
〔2〕同紙 2010年12月14日夕刊「サケ・ホタテ・カキ品薄」
〔3〕同紙 2018年9月25日「」杉 良太郎さん 『怖さ』越え ボランティア」
〔4〕故事ことわざ辞典 (2020年5月22日参照)
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習 コメント メルマガ