中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 案内文を比較して作文 | 最新へ | 古文の言葉281 >>

熟語を使った文章327

三字・四字熟語 目次 >

 同じ語を含む四字熟語です。下線部に当てはまるものを語群から選んでください。
1.  イワナ釣りをj実際にやってみると、源流域にすむので、ポイント(居場所)に到るまでが大変である。(略)何とかポイントにたどり着いても、釣り糸が木の枝に引っかかったり、根がかりしたりで______ということもある。
2.  歌手の今井美樹が、全曲を松任谷(荒井)由美のカバーで構成した新作「Daialogue」を出した。長年、ユーミンの音楽を敬愛していただけに、葛藤もあったという。(略)「決意してからは______で挑んだ」という。
3.  政府は、労働者に事実上無制限の時間外労働を課すことが可能とされる労働基準法の「36協定」の運用を見直す検討に入ったという。______の残業や休日出勤は、労働者の生産性の低下につながると思う。
4.  「______ 」な情報が発信されるネット社会では、人間関係に細やかな気配りをすることが大事」と窪田さんは訴える。

語群
 多種多様
 不要不急
 全身全霊
 四苦八苦

答 え











答 え
1. 四苦八苦(非常に苦労すること)
2. 全身全霊(体と心のすべて)
3. 不要不急(必要でないこと、急を要しないこと)
4. 多種多様(種類が多く様々で あること)


参考文献
〔1〕読売新聞 2017年9月7日夕刊「頑固な岩魚 ずるい山女」
〔2〕同紙 2013年10月24日夕刊「ユーミンをカバー 今井美樹」
〔3〕同紙 2016年9月19日朝刊 気流「長時間労働 改革必要」
〔4〕同紙 2009年1月31日朝刊「〇×でなく △もいい」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習 コメント メルマガ