中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 入試の漢字と意味13 | 最新へ | ことわざを使った文章332 >>

熟語を使った文章329

三字・四字熟語 目次 >

 下線部に当てはまる四字熟語を語群から選んでください。
1.  昔とは暮らしの風景が変 わったことで、使われなくなる言葉がある。四字熟語でいえば、______がそれだろう。農作物が順調に育つ――それが翻って世の中 が平穏であるとの意になったらしい。
2.  娘さんの行く末を案じる お気持ちは想像に難くありませんが、将来必ず______になるなどと決めつける必要はないと思います。
3.  新薬の開発に成功すれば大き な利益が見込めるが、膨大な費用と時間がかかるため、世界の製薬業界では______が進む。
4.  薬局などで選んで買える市販の大衆薬は2種類ある。副作用のリスクが高いなど、薬剤師による対面指導が必要な「要指導 医薬品」と、インターネットでも買える「一般用医薬品」だ。______の傾向が強く、医療用医薬品より収益性は低い。

語群
 簿利多売
 合従連衡
 天涯孤独
 五風十雨

答 え











答 え
1. 五風十雨(気候が穏やかで順調なこと。世の中が平穏無事であること。5日に一度風が吹き、10日に一度雨が降ると、農作物の生育に都合がよい)
2. 天涯孤独(身寄りがなく、ひとりぼっちであること)
3. 合従連衡(がっしょうれんこう:状況に応じて、勢力が結び離れること)
4. 簿利多売(利益を少なくして多く売り、全体として利益をあげること)


参考文献
〔1〕読売新聞 2020年7月7日朝刊 「編集手帳」
〔2〕同紙 4日朝刊「人生案内」
〔3〕〔4〕同紙 5日朝刊「市販薬売却 医療用は市場の9割」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習 コメント メルマガ