中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 理由をのべる2つの方法 | 最新へ | 推理する >>

推論する

 たとえば「クワガタは昆虫です」と「昆虫は足が6本です」から、「クワガタは足が6本です」をみちびきだすことを推論といいます。

 推論は、前提をもとに結論へと推(お)しすすめるという意味です。クワガタの例でいうと、前提は「クワガタは昆虫です」と「昆虫は足が6本です」になります。結論は「クワガタの足は6本です」になります。

 推論は、前提を処理し結論をだすための、考える法則(きまり、規則)です。これから説明する「移行の法則」は、三段論法ともよばれています。

 「クワガタは昆虫です」を「クワガタ→昆虫」のように表すと、移行の法則はつぎのようになります。

 (クワガタ→昆虫)で(昆虫→足が6本) → (クワガタ→足が6本)

 記号であらわすと移行の法則はつぎのような形式です。

 〔(A→B)で(B→C)〕→(A→C)
 
 (A→B→C)→(A→C)

 『ねずみのよめいり』の本にある「ネズミは壁より強い、壁は風より強い、風は雲より強い、雲は太陽より強い」が正しいとすると、「ネズミは太陽より強い」となります。
 (ネズミ→壁→風→雲→太陽)から(ネズミ→太陽)となります。「→」を「>」でおきかえても同じです。

 考える法則をおぼえることによって、「なぜ? なぜなら」を書くことができます。

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ