中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いくつかの例から答えを想像する | 最新へ | 推論・推理の考える形式 >>

「海と山に行こう」、行けなくなったら

 「夏休みに海と山に行こう」と、父親が子供に約束しました。ところが仕事のため行けなくなりました。父親は子供に「夏休みに海と山に行けなくなった」と話しました。子供は「それはおかしい」といいました。

 はたして父親のいっていることは、おかしいでしょうか。

 子供のいうとおりです。「海と山に行こう」ができないということは、「海に行かないか、山に行かないか」です(部分)。海がだめでも山に、山がだめでも海に行ってもいいわけです。

約束 -
−海 - -
 山 −山

 約束が「海か山に行こう」ならば、できないときは、「海も山も行けない」ということができます(部分)。

約束 約束
−海 約束 -
 山 −山

 海に行くをA、海に行かないを−A、山に行くをB、山に行かないを−B とすると、次のようなド・モルガンの法則という関係になります。「で」は、「と」や「そして」と読みかえることができます。「≡」は「同じである」ことを表します。

 −( A で B ) ≡ −A か−B
 −( A か B ) ≡ −A で−B


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ