中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 構造をとらえて作文する | 最新へ | 推論を図でたしかめる >>

調査研究型で書く

 作文・論文にはいくつかの型があります。作文・論文の形を作り出すもとになるのが型です。作文では5W1Hが最も基本的な型です。論文では、たとえば調査研究型があります。

 型を覚え、型を利用することは習得の近道です。私たちの先輩は試行錯誤をしながら大切な考え方や動作を型として作りあげ、次の世代に伝えてきました。多くの型はムダがなく単純です。推論・推理の型、英語の文型、倫理の型、将棋の定石、踊り・武道の型 ・・・ そして作文・論文にも型があります。

 調査研究型は「結論→方法→結果→解釈」の構成になっています。調査・観察・実験などをまとめるときに、この型を使うことができます。方法と結果と解釈は結論の理由です。解釈は考察ともいいます。

 調査研究型の例を新聞記事から紹介します。問い・答え・理由の関係は次のようになっています。なお、記事に(青字)を付加しています。

問い:世界最高のメード・イン・ジャパンは何か?
答え:インスタントラーメンである。
理由:
 方法― アンケート調査による。
 結果― 1位がインスタントラーメンだった。
 解釈― 国際食という呼び名がふさわしい。
 
今世紀最高のメード・イン・ジャパン
インスタントラーメン
(結論)
 富士総合研究所が11日発表したアンケート調査結果によると、20世紀に世界をうならせた「メード・イン・ジャパン」の第1位はインスタントラーメンという結果になった。
(方法)
 この調査は関東地区の男女(20歳以上)2000人を対象に、日本発で「世界で愛されているモノ」「世界レベルになった文化」「世界に誇れる技術・産業」の3分野について、それぞれ3つまで回答を求めた。
(結果)
 その結果、トップ3は.ぅ鵐好織鵐肇蕁璽瓮鵝複僑坑寡次豊▲ラオケ(603票)ヘッドホンステレオ(564票)となり、それ以下にランクされた家庭用ゲーム機やポケモンなどと共に、文化・娯楽の大衆化に貢献した技術やモノに評価が集まった。
(解釈)
 富士総研は、「インスタントラーメンは、世界で年間437億食以上が消費され、国際食という呼び名がふさわしい」と、評価が集まった理由を説明している。 (『読売新聞』2000年12月12日朝刊)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ