中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 度合順に並べて書く その2 | 最新へ | 頭括型・尾括型・双括型で書く >>

自由型・調査研究型・問題解決型

 結論を論証する形式によって、論文の構成を自由型・調査研究型・問題解決型に分けて説明します。自由型は、結論を自由な形式で論証するものです。調査研究型は、結論を方法・結果・解釈などによって論証するものです。問題解決型は、解決する課題の最善策(結論)を、複数の解決策、解決策の評価などによって論証するものです。

自由型  調査研究型 問題解決型
  結論
   理由
    理由
    理由
  結論
   方法
   結果
   解釈
結論
 複数の解決策
 解決策の評価
  方法・結果・解釈

 自由型は小論文などいろいろな分野の論文で使われています。例1は、ダイオキシンが危険であることを、4つの理由(危険な順)によって説明しています。
例1:
ダイオキシンは危険だ。
 枯葉剤で使われた。
 発癌性物質である。
 内臓障害を引き起こす。
 皮膚障害を引き起こす。

 調査研究型は調査・観察・実験・理論解析・数値解析などの論文で使われています。このうち理論解析では原理・方程式・近似法・仮定などにもとづいて数式を推論し、数値解析では原理や方程式などから数値計算をおこないます。
 例2は、円の長さ≒コンパスの幅×6 の関係を実験結果から導いています。
例2:
円の長さ≒コンパスの幅×6 の関係 になっている。
(法
 コンパスの幅を1cm、2cm、3cm、4cmで円を描き、コンパスで円を細かく区切って長さを測る。
結果
コンパスの幅 cm
円の長さ 5.9 12.3 18.6 25.0 cm
2鮗
 コンパスの幅をヨコ軸に、円の長さをタテ軸にとると、直線になった。
 円の長さ≒コンパスの幅×6 になっている。

 問題解決型は企業論文や特許明細書などで多く使われています。次の例は、シールをはがしたあとの、汚れを取る方法です。
例3:
解決する課題
 価格のついたシールをはがしたあと、シールの汚れを取りたい。
最善策
 シールの汚れは、ちり紙に油をつけてふくと簡単にとれる。
複数の解決策
 消しゴムで消す、ガムテープではぎとる、油でふく方法がある。
解決策の評価
(法:表面に傷がつかないか。簡単に、短時間にできるか。
結果:
 消しゴムでこすると取れるが、表面に傷がつきやすい。
 ガムテープで圧着して取れるが、時間がかかり、コツがいる。
 ちり紙に食用油をつけてふくと、傷がつかずすぐ取れる。シールの糊が油に溶けるからだ。ただしガラスやプラスチックはよいが、ペンキなどの塗装面は油に溶けやすい。
2鮗瓠Г舛蟷罎某用油をつけてふく方法が、3案の中で最善である。

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ