中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 段落の分けかた その2 | 最新へ | 読解の練習 >>

段落の書きかた

 論理的な文章の段落はできるだけ頭括型で書きましょう。構成と対応させることで段落書きが容易です。段落の最初の文を読むと、結論や理由の要約がわかり、速読もできます。

 「アメリカキミガヨラン」という植物名の由来を考察した構成をもとに、頭括型の段落を書いてみましょう。

問い:アメリカキミガヨランというのはなぜか?
答え:
アメリカから来た「神様がろうそくで照らす」ようなランに似た植物だからだ。
理由:
アメリカのジョージア州から明治中期に渡来した。
英語名をOur Load's Candle(神様のろうそく)という。
 仰ぎ見るほど大きく、成長すると2〜3mになる木だ。
 ローソクを灯した燭台のようにも見える。
 花をろうそくに見立てると、一つの燭台から枝分かれした先に、いくつもの明かりが灯る。
神様のろうそくを、君が代(を照らす)とした。
 日本の最高神は天照大神である。
 明治時代の神は君である。
ランに似ている。
 高貴で気品のあるカンラン(寒蘭)やシュンラン(春欄)に全体が似ていなくもない。
 ランに似ているがスズラン(鈴蘭)はユリの仲間、クンシラン(君子欄)はヒガンバナの仲間だ。

 構成から段落を書きます。段落の先頭が要約です。いくつかの文で要約を補足します。

 アメリカ君が代蘭
 田んぼの小道を抜けると見上げる高さにその花は咲いていた。民家の入り口付近にあったのは、スズランの花を10倍大きくしたようなアメリカキミガヨラン(君が代蘭)だ。「アメリカ」「君が代」「蘭」という組み合わせに興味を覚え、名前の由来を調べた。
 アメリカキミガヨランは、アメリカから来た「神様がろうそくで照らす」ようなランに似た植物、といったところだ。ジョージア州から明治中期に渡来した。
 英語名をOur Load's Candle(神様のろうそく)という。仰ぎ見るほど大きく、成長すると2〜3mになる木だ。ろうそくを灯した燭台のようにも見える。花をろうそくに見立てると、一つの燭台から枝分かれした先に、いくつもの明かりが灯る。
 「キミガヨ」は、神様のろうそくを、君が代(を照らす)としたのではないだろうか。日本の最高神は天照大神(あまてらすおおみかみ)であり、明治時代の神は君である。
 木ではあるがキミガヨ「ラン」としたのは、ランに似ているからだろう。高貴で気品のあるカンラン(寒蘭)やシュンラン(春欄)に全体が似ていなくもない。ランに似ているがスズラン(鈴蘭)はユリの仲間、クンシラン(君子欄)はヒガンバナの仲間だ。

  

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ