中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 段落の書きかた | 最新へ | 比較して読む >>

読解の練習

 論理的な文章から構成を作ることによって、読解の練習ができます。文章の構成を明らかにすることで、書き手の考えを地図のように見ることができます。見えない場合は、構成のしかたが不適切か、文章が理路整然としていない可能性があります。

 新聞記事「全国学力調査 論理的思考が苦手」(『読売新聞』2006年7月15日朝刊)から構成を作ってみましょう。わかりやすくするために(青字)を追加しています。

 全国学力調査 論理的思考が苦手
 小4〜中3 ゆとり教育 弱点浮かぶ
(結論)
 文部科学省の国立教育政策研究所は14日、全国の小学4年生から中学3年生を対象に実施した国語と算数・数学の学力調査結果を発表した。国語では「挙手」を正しく読めた小4の割合が約17%にとどまるなど、各学年とも極端に正答率の低い漢字があることが分かった。作文や数学的な考え方を問う問題では、事物を筋道立てて考える「論理的思考」が不得手という傾向も出ており、”ゆとり教育世代”の苦手分野が浮かびあがった。
(方法)
 調査は全国から抽出した国立私立の小・中学生計約3万7000人が対象。「確かな学力」の育成を求めた中央教育審議会の2003年答申を踏まえ、今回初めて漢字の読み書きと作文(国語)、計算力と数学的考え方(算数・数学)に絞ったテストを実施した。
(結果・解釈)
 それによると、漢字の読み書きの平均正答率は、小・中学生とも各学年で60〜80%台。小6で出題された「さんそ(酸素)」の書きは正答率87%、中3の「けんぽう(憲法)」の書きも約88%に上るなど、他教科の学習でよく目に触れる漢字は正答率が高かった。
 これに対し、日常生活などで使う機会が少ない漢字には、正答率が極めて低いものがあり、「改行」の読みは小4で正答率19%だった。「子孫」(小4)を「こまご」と読んだり、「ふるって(奮って)」を「奪って」と書いたりする誤答も多かった。
 作文では、決められた分量を書く力はあるものの、文章が文章が明確になるよう段落で区切ったり、主張に一貫性を持たせたりする力が不十分なことが判明した。
 一方、算数・数学では、「平行四辺形や三角形の面積の求め方を使って、台形の面積を求める問題」の正答率が低く、発展的に考える力に課題が浮かんだ。

 記事は調査研究型で書かれています。表題は、問い「小・中学生の国語と算数・数学の学力はどうなっているのだろう?」の答えです。「漢字の読み書き」の結果が表題にないのは、当たり前の結果だからでしょう。

 この記事は論理的で明快な文章です。調査する3項目とそれぞれの結果・解釈が対応しています。ヾ岨の読み書き ∈酳 算数・数学の出現順序が守られています。数字や例を使って具体的に書かれています。

問い:小・中学生の国語と算数・数学の学力はどうなっているのだろう?
答え:作文や算数・数学では、事物を筋道立てて考える「論理的思考」が不得手という傾向が見られた。
理由:
(方法)
 全国の小・中学生計約3万7000人を対象にテストを実施した。
 ヾ岨の読み書きと∈酳検聞餮譟法↓7彁士呂反学的考え方(算数・数学)に絞った。
(結果・解釈)
ヾ岨の読み書き
 他教科の学習でよく目に触れる漢字は正答率が高かった。
 日常生活などで使う機会が少ない漢字には、正答率が極めて低いものがあった。
∈酳
 決められた分量を書く力はある。
 文章が文章が明確になるよう段落で区切ったり、主張に一貫性を持たせたりする力が不十分なことが判明した。
算数・数学
 台形の面積を求める問題の正答率が低かった。
 発展的に考える力に課題が浮かんだ。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ