中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 論理的な文章構成 | 最新へ | 前提となる公理・規約・仮説 >>

考えを正しく述べる

 論文は問い・答え・理由の関係を組み立てた文章です。正しい理由にもとづき、自分の考えを述べましょう。

 正しい理由は正しい前提と論理によります。前提には事実と仮定があり、論理には推論・推理などがあります。事実には体験・発言・文献・観察・調査・実験・統計などがあります。仮定には仮説・法則・理論・公理・定理・規約などがあります。

  ┌ 問い
  │       ┌ 事実−体験 発言 文献 観察 調査 実験
論文┼ 答え┌ 前提┤
  │   │   └ 仮定仮説 法則 理論 公理 定理 規約
  └ 理由┤
      |   ┌ 推論−個別化の原理 移行の法則 背理法
      └ 論理推理−仮説実証 類推
         └その他−構造 因果関係 弁証法 処理手順

 では、次の文章は正しいでしょうか。誤りの場合、何が誤りですか。 また、使っている推論は何でしょう?

1.酒を飲んだので運転してはいけません。道路交通法で、飲酒運転を誰もがしてはいけないことになっています。

2.モウセンゴケは動物です。というのはモウセンゴケは葉を動かして虫を捕ります。このように動くことができる生物は動物だからです。

3.バッタは昆虫ではありません。なぜなら、バッタが昆虫ならば足は4本のはずです。でもこのバッタの足は6本あります。






1.正しい(個別化の原理)2.答えと前提が誤り(移行の法則) 移動できる生物が動物です。 3.答えと前提が誤り(背理法) 昆虫の足は6本です。

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ