中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< かっこの使い方 | 最新へ | グラフを読む >>

かっこの使い方 その2

 読み・外来語・参照先を補足するほかは、かっこ(  )をできるだけ使わないようにしましょう。読みにくく、文の流れが途切れ、伝えたいことが分散してしまいます。

 「かっこの使いかた」にある「5.言い換える」例や「6.反論を考慮する」例を、かっこを使わないで書き直してみましょう。

5.言い換える
 主張をつかむために、論の流れ(構成)をつかまえよう。
→主張をつかむために、論の流れである構成をつかまえよう。

 談話も文章も根本は言語(すなわち言葉)である。
→談話も文章も根本は言語、すなわち言葉である。

 カムエク(カムイエクウチカウシ山)は日高山脈第二の高峰である。
→カムエクはカムイエクウチカウシ山の略称で、日高山脈第二の高峰である。

 サケの仲間(ニジマスなど)は、指を傷つけるような鋭い歯をもつ。
→ニジマスなどサケの仲間は、指を傷つけるような鋭い歯をもつ。

6.反論を考慮する
 したがって「朝霧は晴れ」になる(ただし、かならず晴れるわけではない)。
→したがって「朝霧は晴れ」になる。ただし、かならず晴れるわけではない。

 気持ちにしたがって自由に点を打つ(適当に、ではない)。
→気持ちにしたがって適切に点を打つ。

 クマの有害駆除は確実に進行した(現在は保護が進んでいる)。
→クマの有害駆除は確実に進行した。なお、現在は保護が進んでいる。

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ