中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 構造という関係 | 最新へ | 構造という関係 (3項対立) >>

構造という関係 (2項対立)

 構造という考えかたを習得することによって、見えない関係をとらえ表現することができるようになります。構造の要素が2つの場合を2項対立といいます。「対立」と呼ぶのは、要素が反対または互いに相いれない状態になっているからです。これから2項対立の事例を紹介します。

1.サイコロの構造
 サイコロの表の目aと裏の目bは、a+b=7 という構造になっています。

2.時計の構造
 時計の向かい合った2つの数字a、bは、|a−b|=6 という構造になっています。| |は大きい数字から小さい数字を引く意味です。

3.対立する言葉の構造 
 ある言葉aとその対立する言葉をb、−を対立(反対または相いれない関係)を表すものとします。すると、反意語や補色などの対立する言葉は (a=−b) で (b=−a) という構造になっています。たとえばaを「表」、bを「裏」とすると、(表=−裏)で(裏=−表) の関係が成り立ちます。またaを「量」、bを「質」としても成り立ちます。「赤」と「緑」、「黄」と「青」の補色関係も同様です。
 対立する言葉を ←→ で表すことができます。

       表 ←→ 裏
       量 ←→ 質
       赤 ←→ 緑


4.寓話の構造
 イソップの「ウサギとカメ」は対立する構造になっています。足の速いウサギは油断して休んでしまい、勝つと言っていましたが負けてしまいました。一方、足の遅いカメはたゆまぬ努力によって、言ったとおりに勝ちました。

     ウサギ   カメ
      速い ←→ 遅い
   油断の休息 ←→ 不断の努力
       ↓    ↓
      敗者 ←→ 勝者
    有言不行 ←→ 有言実行


5.小説の構造
 ジャック・ロンドンの小説『白い牙』と『野性の呼び声』の粗筋は同じ構造です。aの反対(対立項目)を−aで表し、移行を→で表すものとすると、二つの小説は a → −a という(一方が対立する他方に移行する)構造になっています。『白い牙』では、オオカミ(野性犬:a)が人間の優しさに触れて飼い犬(−a)になるので、a→−aの関係になります。一方『野性の呼び声』では、飼い犬(a)がオオカミの呼び声によって目覚め、野性犬(−a)になるので、a→−aという関係になります。

   白い牙   : 野性犬 → 飼い犬
   野性の呼び声: 飼い犬 → 野性犬


6.寓話・理論・交通システムの構造
 信号機をなくした交差点が効果をあげています。信号機をなくすことが利用者の信頼と自律によるとみなすと、イソップの「北風と太陽」や、経営学者D.マクレガーの「X−Y理論」に似ています。旅人の服を脱がせるために、北風は冷たく強制し、太陽は温かく自発を促します。X−Y理論とは、人は本来働かないので命令によって働かせようとするX理論と、人は自ら立てた目標に向かって一生懸命に働くというY理論から成ります。

  北風  太陽   X理論 Y理論  信号無 信号有
 冷たい←→温かい  不信←→信頼   不信←→信頼
   |   |    |   |    |   |
  強制←→自発   命令←→自発   他律←→自律



参考文献
 河野与一編訳:イソップのお話,岩波少年文庫.
 ジャック・ロンドン:白い牙,新潮文庫.
 ジャック・ロンドン:野生の呼び声,新潮文庫.


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ