中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自由研究に― 欧米と日本の動物観 | 最新へ | 作文の「僕」と「私」 >>

分化している欧米の論文

 欧米では、論文という言葉が細かく分かれています。言葉の分化が進んでいる場合、日常でのかかわりが多いといえましょう。たとえば牛は英語で、cattle(総称)、a cow(雌牛) 、a bull(雄牛)、a calf(子牛)のように別々の言葉があります。

 小論文・卒業論文・企業論文などは、どのような英語に相当するでしょうか。澤田昭夫著『論文の書き方』(講談社学術文庫)、辞書、外国人への問い合わせ結果をもとにまとめてみます。

論文 内容

term paper
research paper


thesis
dissertation
monograph
学期末の学生レポート。10〜15頁。
注をつけた研究の裏づけのある論文。
15〜30頁。
卒業論文や修士論文。60〜100頁。
博士論文。150〜300頁。
社会科学など、一つの問題を研究し、
単行本で出版される論文。

report

formal paper

scientific paper
短い正式でない記述。技術reportは
構成と内容に規約あり。
分野毎の出版規約に従い、会社の従
業員が書いて出版する。
科学分野の論文。

essay

article
treatise
一つの主題について著者の考えを表した小論文。試論、評論、随筆。
新聞や雑誌の記事。
主題を深く議論する論説。

 日本における論文とのつながりは、「論文とともに成長する」をご覧ください。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ