中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 毛筆で書いた言葉と文字 | 最新へ | 論文作成と論文発表 >>

問題解決と論文

 問題とは、物事のあるべき状態と実際とのあいだに差がある状態をいいます。たとえば、クマが住宅街に現れる状態、履修すべき科目を教えていない状態、ツルカメ算が解けない状態などをいいます。

   

 論文は問題解決を述べたものです。なぜなら論文は、問い(疑問や課題)に対する答え(解や解決策)が正しいことを、推論や事実によって証明する文章だからです。

 問題意識があると、何かの機会に今までの知識と対象との間にずれを感じ疑問を持つことがあります(問いの自発)。また他人から課題を与えられる場合もあります(問いの提示)。疑問や課題に対し、探究して答えを得たり解決策を実行します(問題解決)。問題の答えが適切であることを確信し主張するためには、正当な理由を示します(論証)。

 問題解決は問い・答え・理由の関係で表すことができます。例1は関係について論証しています。例2は問題の解決策が適切であることを論証しています。

例1:関係の問題を解く
 問い「それらはどのような関係になっているか」
 答え「それらは〜の関係になっている」
 理由「なぜなら〜だからである」

例2:問題の最善策を示す
 問い「その問題をどのように解決すればよいか」
 答え「その問題は〜によって解決できる」
 理由「なぜなら〜だからである」

 問題解決から得られた新しい知識を論文にまとめ、新知識として発表することにより、社会に貢献することができます。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ