中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 概念を定義する | 最新へ | 問題解決1−現状調査 >>

問題と因果関係

 問題とは、あるべき状態と現実がかけ離れている状態をいいます。あるべき状態は、目標・基準・理論などで表されます。あるべき状態と現実を正しくとらえることによって、何が問題かがわかります。

 問題は、顕在と潜在、現在と将来によって、四つの型に分けることができます。四つは、仝えている現在の問題、見えている将来の問題、8えていない現在の問題、じえていない将来の問題です。

      

 問題の対処は、見えている問題ばかりでなく〔´◆諭見えていない現在の問題〔〕や、将来発生する可能性のある問題〔ぁ佑砲弔い討盡‘い靴泙靴腓Αそのために、問題の構造を明らかにします。

 問題の因果関係を表すことによって、問題の構造が明らかになります。問題には因果関係があり、他の問題との相対的な関係で、問題は原因になったり結果になったりします。つまり、原因と結果は表裏一体の関係になっています。そこで、原因→結果と原因→結果を結合することができ、原因結果の関連図によって問題の構造を表すことができます。
   


 問題の構造は、網目(ネットワーク)状になります。問題の因果関係には、川にたとえると本流や支流があり、関連性の強い因果関係は本流に相当します。
   


 次回は、事例をもとに因果関係を考えてみましょう。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ