中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 本質化の練習 | 最新へ | 日本における論文の構成 >>

本質化の練習 その2

 どの本質化によって文章が書かれていますか、という練習問題はどうでしたか。これから解答を説明します。

1.キリンは、首と足が長く、胴が短いのが特徴です。黄色地の体に、茶色のまだら模様があるのも特徴です。

 形容による。
 長い、短い、黄色、茶色、まだらなどの形容表現によって、キリンを説明しています。


2.腕時計は、時計とバンドからできています。時計には、文字盤、短針、長針があります。文字盤には1から12を示す記号が配置されています。短針は何時を示し、長針は何分を示します。バンドは時計を腕につけるための帯状の器具です。

 要素還元による。
 腕時計を、時計とバンドに分解し、それぞれをさらに細分化して書かれています。

3.管理とは事物がうまくいくようにすることをいいます。なぜなら、管理のつく言葉には予算管理・危機管理・品質管理・進捗管理などがあり、「〜管理」 は「〜がうまくいくようにすること」を意味しています。また、管理人・管理台帳・管理職などの「管理〜」は「うまくいくようにする〜」を意味しているからです。

 本質直観による。
 「管理」の適用例を列挙し、「管理」の意味を取り出し、その意味を検証しています。

4.計画を実行する前に、計画の内容を確認しましょう。というのは、確認をしていないと間違いが多いからです。

 因果関係による。
 「確認しない→間違いが多い」という関係が書かれています。「予防は後手対処にまさる」という経験則は、品質管理における確認・点検重視の考え方や、ことわざ「備えあれば憂いなし」「転ばぬ先の杖」 “Look before you leap.” で言い表されています。

5.乗り物は乗せて運ぶ装置です。乗り物には、自動車・飛行機・船などがあります。

 概念による。
 乗り物という概念を、「乗せて運ぶ」「装置である」という性質と、自動車・飛行機・船などの構成要素から定義しています。また乗り物という概念を、装置という類に含まれる乗り物という種を、「乗せて運ぶ」という種差によって定義している、ともいえます。

6.時計の相対する数字は、小さい数字+6=大きい数字 の関係になっています。なぜなら、(1,7)(2,8)(3,9)(4,10)(5,11)(6,12) で、その通りになっているからです。

 構造による。
 因果関係は原因と結果に時間の順序があります。一方、「構造」は時間に依存しない関係です。この文章は、時計における相対する数字という要素間の「不変の構造」を述べています。

7.バスの子供料金(6歳以下)は、大人が同伴する場合、大人1人に子供2人以内ならば無料です。例えば、大人1に子供1人の場合は無料、大人1人に子供2人の場合は無料、大人1人に子供3人の場合は子供1人分の料金が必要です。なお子供が1人で乗る場合は、子供料金が必要です。

 分類による。
 子供料金を、(大人と同伴の有無、子供の人数)によって総合分類しています。
子供1人 子供2人 子供3人 子供N人
大人同伴 無料 無料 子供1人分 子供N−2人分
子供だけ 子供1人分 子供2人分 子供3人分 子供N人分


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ