中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 構造の練習 その2 | 最新へ | 友情の5円玉キャンペーン >>

不変の論理と可変の配置

 「論文の構成」には、論理構造と物理構造という二つの意味があります。論理構造は、結論と理由の関係です。物理構造は、論理構造を原稿用紙などの媒体に配置するしかたです。

 論理構造(以下、論理)と物理構造(以下、配置)を区別しましょう。論理の「結論。なぜならば理由」と「理由。ゆえに結論」と「結論。なぜならば理由。ゆえに結論」は同じです。しかし、紙に書いた三者は物理的に違います。結論に対する理由(方法・結果・解釈)の例を示すので、論理と配置の違いを確認してください。

 論理構造(論理):
       

 物理構造(配置):

  

 論理は不変で、配置は可変です。論理ができていれば、結論を先頭に配置することもでき、最後に配置することもできます。たとえば科学論文などでは、結論と理由(方法・結果・解釈)の論理をもとに、「結論・理由」または「理由・結論」または「結論・理由・結論」と配置することができます。つまり、論文提出先の目次要求に合わせて、論理を配置することができるわけです。

 論理に対し、3通りの配置例を示すので、確認してください。

 論理
  0.999・・・=1 である。
  なぜならば、1÷9=0.111・・・ となり、
  両辺に9をかけると、1=0.999・・・ になる。

 配置1(頭括型) 論理と同じ。

 配置2(尾括型)
  1÷9=0.111・・・ となり、
  両辺に9をかけると、1=0.999・・・ になる。
  ゆえに、0.999・・・=1 である。

 配置3(双括型)
  0.999・・・=1 である。
  なぜならば、1÷9=0.111・・・ となり、
  両辺に9をかけると、1=0.999・・・ になる。
  ゆえに、0.999・・・=1 である。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ