中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 学力テストの予備試験問題 | 最新へ | 主題(テーマ)とは何か >>

学力テストの予備試験問題 2

 暗記も思考も試されています。2006年11月〜12月に実施された予備試験問題では、暗記による知識だけではなく、知識の活用問題も出題されました。これから、前回紹介した問題の解答を示します。論理的に考えるうえで、算数・数学と国語の境界はありません。

1.「会議で決をとる」の「とる」は、「執る・撮る・獲る・採る」のどれか。(中学・国語 知識)

(解答) 採る 採決、昆虫採集のように、「採」には選ぶ意味があります。

2.A市のある日の気温は最高気温6℃、最低気温はマイナス7℃。最高気温と最低気温の差を求めなさい。(中学・数学 知識)

(解答) 13℃  6−(−7)=6+7=13 または幅で考えると、
6+|−7|=13 (| |は絶対値を表す)

3.  8−0.5×2=? (小学・算数 知識)

(解答) 7  8−0.5×2=8−(0.5×2)=8−1=7 たし算・ひき算より、かけ算・わり算を先に計算します。

4.次の一から三の(  )にあてはまる言葉の組み合わせを1〜6から一つ選びましょう。(小学・国語 知識)
 一 小川さんは、約束どおりの時間に(  )来る(  )だ。
 二 どんな努力も(  )無駄では(  )。
 三 大森さんが休んだのは、(  )インフルエンザのせい(  )。
  (けっして)〜(ない)
  (もし)〜(なら)
  (たとえ)〜(でも)
  (たぶん)〜(だろう)
  (きっと)〜(はず)
  (まるで)〜(よう)

(解答) 一:ァ二: ∋亜Л 確実に解答するなら、消去法を使うことができます。問題一では、一と 銑Δ料箸濆腓錣擦魄譴弔困蝶稜Г靴泙后
  覆韻辰靴董僕茲襦覆覆ぁ砲澄 ×:文が不自然
 ◆覆發掘僕茲襦覆覆蕁砲澄 ×
 (たとえ)来る(でも)だ。 ×
 ぁ覆燭屬鵝僕茲襦覆世蹐Α砲澄 ×
 ァ覆っと)来る(はず)だ。 ○
 Α覆泙襪如僕茲襦覆茲Α砲澄 ×

5.文化祭のプログラムをカラー印刷で作る。三つの料金プランがある。Aプランは、印刷1枚あたり80円。Bプランは、製版代が1万円で、印刷1枚あたり40円。Cプランは、印刷が1枚から1千枚までは3万円、1001枚から2千枚までは5万円である。
(1)Aプランは 銑のどのグラフか。

(解答)  グラフの横軸は枚数、縦軸は料金です。文章を式に置き換えてみましょう。
A: 料金=80円×枚数
B: 料金=1万円+40円×枚数
C: 料金=3万円 (枚数:1〜1000)
   料金=5万円 (枚数:1001〜2000)
グラフは横軸(枚数)の変化に対し、縦軸(料金)の変化を示しています。
A: 枚数がゼロなら0円、枚数が増えると、80円、160円、240円 ・・・ と料金が増えます。→
B:枚数にかかわらず1万円がかかり、枚数によって40円、80円、
120円 ・・・ と加算されます。→
C:1000枚まで料金が一定(横ばい)です。→

(2)予算が2万6千円の時、一番多くの枚数を印刷できるのはBプランだが、その理由を説明しなさい。(中学・数学 活用)

(解答例) グラフから2.6万円のとき、Aプランは約300枚、Bプラン△鰐鵤苅娃伊隋■奪廛薀鶚,郎把穃繕發3万円なので印刷できない。

枚数と金額の関係がグラフという図形で表されています。数式≡図形なので(同型性といいます)、2.6万円になる枚数をグラフから読み取ればよいわけです。

数式で証明することもできます。Aの枚数=2.6万円÷80円=325枚、Bの枚数=(2.6万円−1万円)÷40円=400枚です。

   

参考文献
読売新聞 2006年12月29日朝刊 「全国学力テスト 予備試験問題を公表」


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ