中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 事実と意見2 | 最新へ | 論文作成1−問いを立てる >>

論文の要求分析

 論文には、どのようなことが求められるでしょうか。学術論文や企業論文を提出するときの要件をまとめてみました。試験で課せられる小論文も考え方は同じです。

 論文を構成するためには、論文の規約と論文例を参照し、論文募集の要求を分析します。論文の募集案内や論文集をもとに、論文の論理・配置・表現・条件を整理します。

1.論理
 論理に関する情報には、分野、主題、論理の型があります。たとえば「クマタカ保護に関するプロジェクト管理」では、クマタカ保護が分野でプロジェクト管理が主題です。分野も主題も決まっているか、主題は自由か、などを確認します。また、調査研究や問題解決など、論理の型がある程度決まっている場合があります。卒業論文は調査研究型、企業論文は問題解決型が多いようです。

2.配置
 配置には、結論を書く位置によって頭括型・尾括型・双括型があります。論文の中に抄録がある場合、抄録は本文の要約なので、尾括型でも早い段階で結論がわかります。応募先によって抄録がない場合や、尾括型の論文が要求される場合があります。

3.表現
 字数の制約のもとで、文章と図形情報で論文を表現します。図表・写真は文字数に含まれます。求められる全体の字数と、表題・抄録・本文それぞれの字数を確かめます。書き出しにあたる導入部は、論文集の事例から字数の目安を知ることができます。
 見出しを太文字(ゴシック体)で表す論文がふえているので、見出し番号の有無を確認しておきます。図表・写真などの作成方法や参考文献の書き方も確かめます。

4.条件
 論理・配置・表現のほかに論文の諸条件も確認しましょう。応募資格、締切、文書作成用ソフト、応募書類、著作権の扱いなどを確かめます。
 論文の要求分析


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ