中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 幸せの構造 | 最新へ | 論文(essay)の構成 >>

副詞・接続詞の書きかた

 「メールアドレスが暫く使えなくなりました」と、外国人からメールがきました。日本の大学に留学しただけあって、「暫く」が使われています。

 しかし最近は、副詞や接続詞を平仮名で書くようになりました。ためしに次のことばを読んでみてください。

 [石に
 げ晋里覆
 Ц里
 先ず
 尤も
   ∪気
   ゼ磴
   ┰召辰
   但し
   兎に角
   B┐
   ξ磴┐
   暫く
   尚  
   是非

 「流石に」は、「さすがに」のほうが書きやすく、読みやすいですね。読みかたを示すので確かめてみましょう。

 ,気垢に △泙気法´すなわち い覆爾覆蕁´イ發掘´Δ燭箸┐
 Г罎┐法´┐靴燭って しばらく まず ただし なお
 もっとも とにかく ぜひ

 「一方」「他方」「逆に」は漢字で表します。「要するに」「結局」も漢字ですが、「つまり」や「したがって」に置きかえることができます。「特に」は漢字が多いようですが、「とくに」も使われています。ことばは変化するので、新聞などで確認するとよいでしょう。「話・文をつなぐことば」も参考になります。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ