中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 論文(essay)の構成 | 最新へ | 包含関係の練習 >>

ブレーンストーミング

 目的に合わせて情報を取り出しましょう。頭の中には使われていない多くの情報があります。必要な情報を取り出すことができれば、作文や論文に利用することができます。

 ブレーンストーミング(brain storming:頭の嵐)は、アメリカで開発された思考技術です。グループまたは一人で、アイデアを多数抽出することができます。アイデアは、考え・情報・言葉・項目のことです。

 これから、「論文にはどのような性質があるか?」の答えを得るために、ブレーンストーミングを一人でしてみましょう。ブレーンストーミングで項目を抽出し、それらの項目を整理します。

1.項目を抽出する
 思いつくままに、1件ずつカードに書きます。重複や類似があってもかまいません。なれると、紙またはパソコン画面に書くこともできます。集中し、ひらめきを素早く書いていきます。

 論文の性質
 あいまいな  具体的な   正確な   普遍的な
 新しい    厳密な    先進的な  本質的な
 あやしい   構造的な   正しい   まとまりのある
 意外な    合理的な   追試可能な 難しい
 意義のある  こみいった  的確な   明快な
 入り組んだ  最初の    独創的な  有意義な
 疑わしい   実証的な   長い    有益な
 おもしろい  実用的な   納得できる 有用性のある
 価値のある  進歩的な   難解な   要領を得ない
 簡潔な    優れた    不確実な  理詰めの
 客観的な   事実にもとづく複雑な   論理的な
 均衡のとれた すばらしい  不正確な  わかりやすい

2.項目を整理する
 これらの言葉の関係を整理します。たとえば包含関係は枠で囲い、対立関係は←→で、因果関係は―→で表してみましょう。

論文の性質

 ブレーンストーミングと情報の整理によって、論文の性質を表すことができました。整理した情報をもとに、つぎのような文章を書くことができます。
文章例:
 価値ある論文の要件は、新規性・有用性があり納得できることです。本質をとらえ、構造的で、論理的で、事実にもとづくと納得できます。難解な、あいまいな論文にならないようにしましょう。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ