中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 敬語の使い分け | 最新へ | 文章・図表を読み解く >>

敬語の使い分け2

 主語と動詞のつながりで敬語をまとめました。たとえば尊敬語は、「先生が」「お客様が」に対応します。謙譲語は、「私が」「父が」に対応します。丁寧語は、「先生が」「私が」のどちらにも対応します。表を確かめながら、練習問題を解いてください。

動詞\主語 先生が・お客様が
(尊敬語)
私が・父が
(謙譲語)
先生が・私が
(丁寧語)
 見る  ご覧になる  拝見する  見ます
 聞く  お聞きになる  伺う
 承る
 拝聴する
 聞きます
 言う  おっしゃる  申す  言います
 思う  お思いになる  存じる  思います
 いる  いらっしゃる  おる  います
 行く  いらっしゃる  参る
 伺う
 行きます
 来る  いらっしゃる
 お見えになる
 お越しになる
 参る  来ます
 食べる  召し上がる  いただく  食べます
 知っている@   ご存じ  存じ上げる  知っています

問題: かっこ内を、適切な尊敬語または謙譲語に直してください。
1.先生の( 言う )とおりです。
2.お客様が( 来 )ました。
3.明日、( 行き )たいと( 思い )ます。
4.母が、そのように( 言って )おりました。
5.ご主人は( います )か。
6.先生の絵を( 見 )ました。
7.気がついたことは何なりと( 言って )ください。
8.どうぞ、( 食べて )ください。


答 え











答え:
1.おっしゃる 2.いらっしゃい(お見えになり、お越しになり) 3.伺い(参り)、存じ 4.申して 5.いらっしゃいます 6.拝見し 7.おっしゃって 8.召し上がって


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習 コメント メルマガ